Lightweight Chord Library

Chordとは
ChordはDistributed Hash Tableの1つです。





目的
Now Printing!!





特徴
・非同期でパケットの転送可能
・多重化してlookupを送受信可能(session idにより区別)
・ファイル転送はバッファサイズのチャンクに分割転送
・UDP1ポートのみを使用
・再送制御(default interval=1[s], retry=5[times])
・ID空間32bit
・ノードが保持していたIDを次回起動時に使用可能
・Sessionが切れるとJOBがすべてロールバックされる機能






今後の拡張機能
・設定情報ファイル読み込み
・gtkからListen,Timer部分の切り出しthread化
・Update PrevPointer by Timer
・Update PrevPointer at Joind
・simulationクラスの作成
・シナリオファイルの読み込み
・add JOIN ROOM auto update
・when first node is joined ,first node state change to joined.
・SHA-1(32bit-&rt;160bit)
・保持しているIDをリセットして起動するオプション
・FILE I/Oのキャッシュ機構
・IPv6






Link
Now Printing!!






Sample Application
[matchat]







matsumoto yoshihide
matsumoto333333@ybb.ne.jp